読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごだんご

アニメ考察をします

CLANNAD

自分なりにアニメCLANNAD(京都アニメーション版)についてあれやこれや語りたいなと思い立ち、ブログを開設しました。拙い文章でありますが読んでくださると助かります。

 

 

CLANNADは第1期が2007年に放映され第2期が2008年に放映された。第1期: 本編22話+番外編1話+DVD特典1話。第2期: 本編22話+番外編1話+総集編1話+DVD特典1話で構成される全49話のアニメ作品である。番外編も取り上げたいところだが、最初は本編を考察していく。

 

原作はkey/ビジュアルアーツCLANNAD以外の代表作はAIRやkannonも制作した。

 

key作品は一般的に「泣ける」「感動」するゲームとして認識されている。CLANNADも同じカテゴリーの作品である。

 

 

監督は石原立也。key原作の京アニ作品の監督をしている。自身もkeyファンらしい。シリーズ構成は志茂文彦。キャラクターデザイン池田和美。この辺は京アニでもお馴染みのスタッフ布陣である。音楽は折戸伸治戸越まごめ麻枝准。keyのスタッフが担当している。

 

特に麻枝准Angel Beats!の原作脚本・音楽プロデュースとして有名。ゲームシナリオライターだけでなく作曲や作詞、脚本まで幅広い分野でその名が知れ渡っている。

 

CLANNADではシナリオライターの他に主題歌やBGMの作詞・作曲をしている。

 

能書きは以上にして次回からCLANNAD第1話をやっていく。

 

f:id:ramuniku_31:20170207214459j:image